4-3.ハラレ観光情報

2015/9/11
コピの丘
ジンバブエ人間科学博物館
国立植物標本館・植物園
ハラレ市内観光
  ♦コピの丘(The Kopje)
  市の南西部に位置するコピと呼ばれる丘の頂上からは、ハラレ市とその周辺が一望できます。周辺はあまり治安が良くない地域ですので、日中に複数人で行くことをお勧めします。
  ♦アフリカン・ユニティ・スクウェア(African Unity Square)
  ミークルズ・ホテルと国会議事堂、英国国教会などに囲まれた町の中心部に位置する公園です。1890年に南アフリカからの開拓者がここにイギリス国旗を立て、最初の入植を記念した場所です。市民の憩いの場になっており、観光案内所が設置されています。ただし、日中もスリが多く、出かける際には注意が必要です。
  ♦ナショナルギャラリー(National Gallery of Zimbabwe
  日本大使館やモノモタパホテルに隣接しています。ジンバブエの美術品を常時展示している他、海外からの芸術作品の展示も行っています。ショナ彫刻等の地元アーティストによる作品の展示、即売もしています。
  住所: 22 Julius Nyerere Way
  電話: 04-704666/7
  開館時間:  火~日  9:00~16:00
  料金: 1ドル
  ♦ジンバブエ人間科学博物館(Zimbabwe Museum of Human Sciences)
  旧クイーン・ヴィクトリア博物館。レインボータワーホテルの斜め向かいに位置しています。ジンバブエの石器時代から鉄器時代を経て、現在の農業に至るまで、出土品を中心に解説・展示がされています。また、南部アフリカに生息する動物の剥製を展示しています。
  住所: Civic Centre
  電話: 04-751798
  開館時間:  毎日  9:00~17:00
  料金: 10ドル(外国人)、3ドル(ジンバブエ在住者)
  ♦国立公文書館(National Archives
  1935年に設立され、古文書、公文書を始め国の歴史に関する文書、写真、資料を多数所蔵しています。
  住所: Borrowdale Road, Gunhill
  電話: 04-792741-3
  展示室と読書室の公開時間:  月~金  8:30~16:00
  料金: 2ドル(展示室)、1ドル(読書室)
  ♦国立植物標本館・植物園(National Herbarium and Botanical Garden)
  68ヘクタールの敷地内にジンバブエ及び熱帯アフリカ地域の植物が多く植えられています。
  住所: Corner Downie Avenue and Fifth Street Extension, Alexandra Park
  電話: 04-708938
  開園時間:  毎日  6:00~18:00
  料金: 2ドル 
  駐車料金: 3ドル

ハラレ近郊観光
  ♦ムクヴィシ・ウッドランド(Mukuvisi Woodland
  市内から5km(Mutare Rd.)
  285ヘクタールの土地に、シマウマやキリン、ワニなどの動物を見ることができます。市内から最も近い動物公園で、徒歩ツアーや乗馬サファリをすることもできます。
  電話:04-747111
  ♦ドーン・エステート(Doon Estate)
  市内から8km(Mutare Rd.)
  土産物屋や家具店、カフェなどがあります。
   電話:04-486648/486656
  ♦エプワス・バランシング・ロックス(Epworth Balancing Rocks)
  市内から南に12km。
  自然の奇石が密集している公園。いくつかの石がバランスよく積み重なっているが、これは長い間の侵食によります。旧ジンバブエ紙幣に印刷されている石もあります。
  開園時間 7:00~17:00
  ♦ライオン・チーター・パーク(Lion and Cheetah Park)
  市内から24km。
  日本のサファリパークと同様に、放し飼いのライオンを車に乗って見ることができます。他に、キリン、猿、バブーン、ワニなどがいます。
  電話: 077236099/0712600850
  開園時間 8:30~17:00
  ♦ドンボシャワ・ロック・ペインティング(Domboshawa Rock Painting)
  市内から北東に25km。
  小高い丘に登ると、先住民族であるサンが描いた壁画を岩の上や洞窟の中に見ることができます。
   ♦チベロ湖(Lake Chivero)
  市内から35km。
  57km2の広さを持つ人工湖で、ハラレの水源地です。水が豊富なときには、北岸はヨット、ボート、釣りに格好な場所となります。南岸には自然公園があり、サイやキリン、シマウマ、ダチョウなどをみることができます。
  ♦バリー・ボーガン動物保護区(Bally Vaughan Animal Sanctuary)
  市内から北東に40km。
  ♦エワンリグ植物園(Ewanrigg Botanical Garden
  市内から北東に35km
  ♦ムビジ動物公園(Mbizi Game Park
  市内から南東に20km

ハラレの大型イベント
  ♦ハラレ国際芸術祭(Harare International Festival of Arts: HIFA
  毎年4月下旬から5月上旬に開催される芸術祭で、国内外から多くのアーティストが参加する南部アフリカ随一の大型イベントです。
  ♦ジンバブエ国際ブックフェア(Zimbabwe International Book Fair
  毎年7月下旬から8月上旬に開催される本の見本市で国内外の出版社が参加するイベントです。
  ♦ジンバブエ農業見本市(Zimbabwe Agricultural Show)
  毎年8月に開催される農業見本市で、国内外の農業関連の企業、NGO、各種団体などが参加するイベントです。
  ♦女性のための国際イメージ映画祭(International Images Film Festival for Women)
  毎年8月に開催される女性が主人公か中心的な役割を演じている映画を上映しているユニークな映画祭です。
  ♦ジンバブエ観光見本市(Sanganai/ Hlanganani World Tourism Africa Fair)
  毎年10月頃に開催される観光見本市で、国内外の企業・団体が出展するイベントです。

ハラレ市内の主なホテル
  ♦ミークルズ・ホテル(MEIKLES HOTEL) East Gate Shopping Centreの隣に位置する5つ星ホテル。洗練されたホテルですが、周辺の治安はあまり良くありません。
  電話:04- 707721/250550/251705
  ♦クラウンプラザ・モノモタパ・ホテル(CROWNE PLAZA MONOMOTAPA HOTEL
  日本大使館から徒歩約3分に位置する4つ星ホテル。
  電話:04- 704501~30/734583
  ♦ハラレ・レインボータワーホテル(HARARE RAINBOW TOWERS HOTEL
  街の西部に位置する5つ星ホテル。国際会議場が併設されています。
  電話:04- 772633/774648/774668
  ♦ブロンテ・ホテル(BRONTE HOTEL
  日本大使館から徒歩約15分に位置する3つ星ホテル。近くにFife Avenue Shopping Centreがあります。
  電話:04- 796631/796635/707522~7
  ♦ホリデイイン・ハラレ(Holiday Inn Harare
  日本大使館から徒歩約15分に位置するホテル。
  電話:04- 251200


ジンバブエ情報へ戻る